HOKA ONE ONE
ホカ オネオネはフランスの中東部、スイスとの国境近くにあるアネシー(Annecy)という町に本拠を置く、スポーツシューズメーカーです。アネシーは標高448mのアネシー湖の畔にあり、湖を抱えるように山と町が広がる美しい町です。湖岸から山へ続くトレイルにはトレイルランニングのグループが毎朝見かけられるほど、トレイルランニングが盛んな町。また、Patagonia Europe、Salomon、Eiderなどのマウンテンスポーツブランドが本拠地を置く、アウトドアタウンでもあります。モンブランを擁するシャモニーなどにも近く、その恵まれた環境からトレイルも非常に多く、走る環境は素晴らしいものがあります。トレイル自体は、整備されたスムースなものから、岩が露出した激しいものまでバラエティに富み、また距離の長短も選べます。そのアナシーで、ジャン・リュック・ディアード(Jean-Luc-Diard)とニコラス・マーモッド(Nicolas Mermoud)の二人によってHOKA oneoneは2009年に設立されました。彼らは、走ることが好きでしたが、楽しいはずの下りを苦痛に感じたり、楽しく感じない事もあり、それを楽しいものに変えたい!という思いからシューズの開発に着手しました。ジャンをはじめ、他シューズメーカーで経験を積んだ各分野のスペシャリストによってチームを作り、それまで培った製品開発のノウハウに新しいアイデアを加えていく事で、クオリティの高いシューズを生み出しました。もちろん、アスリートである彼ら自身の経験と、トレイルランニング、アドベンチャーレースのスペシャリストたちのフィードバックも活かされています。そして誕生したのがHOKA oneoneという画期的なコンセプトを持ったシューズでした。「HOKA oneone」とは、ニュージーランドのマオリ族の言葉ですが、意訳すると「It's time to fly」となります。これは、HOKA oneoneのシューズを履いている際に感じる、自由なのびやかな走りをイメージさせるブランド名となっています。

れは、より速く、より遠くへ走る為に始まった。


ウルトラマラソンチャンピオンでアドベンチャーレーサーのニコラス・マームードはダウンヒルを攻める為のより優れたクッション性能を持った靴を必要としていた。ランナー/レーサーとしてより速く、より遠くへ行くことが可能な、ダートロードで勝てる靴の開発が必要だった。


彼はジャンリュック・ディアール、クリストフ・オーボネット、セバスチャン・マザールと言った以前の職場の仲間やアスリートと共にオーバーサイズコンセプトの開発にとりかかった。彼らは今までのランニングシューズに採用されたことの無い、ユニークなジオメトリーを取り入れ、実験を重ねてきた。


ジャンリュック「幾つものプロトを製作していく中で、大きな違いを生み出すたった一つの事があるのです。」


彼らは二年をかけ、ランナーからのフィードバックや研究室での実験を組み合わせたテストを続けた。切り、貼り、スライスを繰り返し、組合せのテストをしてきた。

ついに彼らは探し求めていた組合せを見つけた。その靴には通常の二倍の衝撃吸収材を用い、ユニークかつ効率の良い、安定した着地を可能にするジオメトリーを採用した。それがマファテである。すぐに他のウルトラマラソンレーサー達がHokaのアドバンテージに注目しだすのに時間はかからなかった。


ジェイソン・シュラーブ:「以前はレース後2-3日の休養が必要だったのが、今では1日もしくは長くても2日で通常のトレーニングを再開できるようになった。その理由の95%はHokaにある。」


コンラッド・ストーツ:「荒れた路面から受ける衝撃をこのソフトなミッドソールが如何に上手に吸収するのかは驚くばかりです。その性能が僕をベストランナーの一人にしてくれています。」


ロブ・リー:「この靴は怪我の可能性を最小にし、自分の身体への負担も軽減してくれるベストな選択なんだ。もう通常の靴には戻れないね。」


ジェン・ベナ:「どういうわけか、この靴を履いている時はより長く走れるし、フィールドに居られるし、足も痛くならないの。」


カール・メルツァー:「僕は今までも柔らかい靴が好みだったんだけど、この靴は今までのモノより明らかに違っていて、新しい感覚をもたらしてくれるんだ。これを履けば自分のジャーニーが更に楽しいものになるんだ。」


ヨーロッパで生まれたHokaは2010にはUSの市場に進出。2013には製品のラインナップを更に拡充し、数々の賞を受ける成功を収めた。ダーシー・アフリカ、セージ・キャナデイといった最も過酷な身体的挑戦に挑むウルトラアスリート達にも認められ、ランナーやコーチ、あらゆる距離や能力に合わせてHokaへ履き替える人々が増えている。


ニコル・シャパート:「2012年の1500mでオリンピックの最終選考まで残ったけど、数秒差でロンドンに行くことは叶わなかったの。次のシーズンは手術しなくてはならないような怪我までして、一時はキャリアを諦めようとも思ったわ。でもその時にHokaと出会ったの。今では走れるようになっただけではなく、競技の為のトレーニングまでできるようになったわ。2016年はもう一度狙っていくわ。」


フレッド・ハドソン:「トップアスリートたちは何が彼らにプラスになるのかを常に考えておりHokaの革新的なデザインが彼らを怪我から護ってくれることに注目しています。この靴によって適正なトレーニングに取り組む事を可能にし、膝のオーバーワークでの2-3日の休養を取る必要性が無くなりました。我々のグループでは正に腕を引かれるようにHokaを使いだしています。それはとりもなおさず素早い回復は、より優れたアスリートになる為の必須条件だからです」。


ウルトラサイズの靴では通常のランニングシューズの2.5倍の厚みのミッドソールを採用しており、踵の高さとつま先の高さはそれぞれ35mmと31mmとしている。オーバーサイズの靴では踵を30mm、つま先を25mmにしている。また、幅広のアウトソールを採用する事で非常に高い安定感を生み出している。これらの特徴が合わさることで優れたショックの吸収力と安定感の向上を生み出し、足部、脚部、体幹の疲労を軽減するのである。


ユニークなデザインを施されたアクティブフットフレームのミッドソールジオメトリーの特徴は高く取られたサイドウォールである。通常ミッドソール上に置かれているだけの足を靴の中で更に沈み込ませる機能を果たしてくれる。これにより更に高い安定感を得ることが可能になり、幅広い形状の足、様々なランニングスタイルに対応が可能となるのである。Hokaの独創性はそのミッドソールジオメトリーに置いても顕著である。踵/つま先の高低差があまり無いメタロッカーを採用し、それをアウトソールにも反映。これによりランナーは自然な姿勢で走る事が可能となり、踵からつま先へ効率の良いスムースな回転を実現している。異なるメタロッカーの採用に関しては、そのモデルの使用目的に合わせており、その目的に最適な、効率の良いものを採用。


未来を、見据えHokaは更なる発明と創造へ突き進んでいく。ジャンリュックのチームでは、日々新しいマテリアルとコンストラクション、ジオメトリーの実験を行い、アスリートからのフィードバックを受け、更なる進化を目指している。


ニコラス:「我々のポテンシャルはまだまだ大きくなっていきます。」


ジャンリュック:「我々がスタート地点を見失わず続けていくことが出来れば、更に面白い冒険が待っているでしょう。」


一人のアスリートが描いたより遠くへ、より速くという夢から生まれた靴は、全てのランナーにそのメリットを楽しんでもらえるだろう。フィットネスで走る人からトップアスリートまで。
更なる高みへ、
更に優れたクッション性を、
更に遠くへ、
更に自分のポテンシャルを、


Hoka One One